株式会社トップ・ケア 企業インタビュー

株式会社トップ・ケア インタビュー

株式会社トップケア 2012年7月8日 全体研修

企業インタビュー 第一回

株式会社トップ・ケア

介護保険が始まる1年前、1999年にサービスを開始。

大阪高槻市と島本町を拠点に介護プランセンター・訪問介護センター・介護用品センター、そして3ヶ所のデイサービスと有料老人ホームを運営する株式会社トップケア。

今後も地元密着型の会社として、高齢者の方に様々なサービスを提供していきたいと考えている。

「お客様の喜びをわが喜びとする」を社訓としてこれまで歩んでこられた、トップケアの小濱ゆかりさんにお話をきいた。

インタビュー Page 1/3

― 多くの介護事業を展開する御社の強みとは何ですか?

株式会社トップケア インタビュー

「当社が提供する介護サービスは、介護プランセンターや訪問介護センターをはじめ、多岐にわたって展開しています。利用者さんと接するうえで一つのサービスだけでなく、多方面からサポートできる体制や、複数のサービスを利用される方の情報を各部門間でスムーズに連携できる点が当社の強みですね」

利用者さんは多方面でサポートを必要としていることが多い。訪問介護を受ける方が介護用品を必要としたり、デイサービスを利用したりといったことが日常的に 起こり得る。

「本当の意味で【介護のことならどんな事でもご相談ください】と自信をもって言うことができますね」
「もちろん他社さんとの連携も欠かせません」

と小濱さんは付け加える。

― 利用者さんへの想いをお聞かせ下さい。

「住み慣れた環境(自宅)で高齢になっても安心・安全で快適な生活を続けて頂きたいというのが、私たちの想いです」

ご自身の家族もトップケアの利用者だという小濱さん。
利用者のご家族としての立場と、介護をサービス提供する立場、両方の立場に携わるからこそ、こういった想いに思い入れがあるのかもしれない。

― 職員の皆さんへはどういった教育・支援をされているのでしょうか?

トップケアでは職員の方に、全体研修をはじめ各部門ごとにおいても必要な研修を、随時行っている。

「フレックス制を取り入れている部門もありますし、お子さんのいらっしゃる従業員については、なるべく学校行事に参加できるよう配慮しています。この業界では、どこも人材不足でギリギリの人員で仕事をしているところがほとんどですが、弊社は、登録ヘルパーさん104名、サービス提供責任者14名、ケアマネージャーが10名というメンバーがおりますので自然に『お互い様』の気持ちでフォローし合いながら仕事ができることが強みです。また、小さなことですが夏場に訪問介護に出られる方には冷感グッズを、寒い日にはカイロを、時にはハンドクリームを支給したり…」

こういった配慮からも職員を大切にするトップケアの一面がみてとれる。

「会社が出来ることで、なるべく働きやすい環境を整えていこうというのが我が社のスタンスですね」

と小濱さんは言う。

(次ページへ続く)

トップケア 企業情報

法人・企業名

株式会社トップケア

住所

〒569-0071
大阪府高槻市城北町1丁目6-19

ホームページ

http://www.topcare.co.jp/

事業内容

高齢者介護サービス事業・障害者介護サービス事業・地域生活支援事業・安心ハウス事業

企業理念

トップケアは、社訓『お客様の喜びを我が喜びとする』の下、お客様に喜んで頂けるサービスの確立を目指しております。これは介護保険制度上定められた事業者としての役割の実践以前に、常に「人(ヒト)としての心」を大切にする「企業」であり「人間」でありたいとの願いです。
高齢者がますます進む地域社会において、トップケアは<信頼>・<希望>・<慈愛>の3原則に基づくサービスを実践します。

ページトップに戻る