デイサービスとは

dayservice

デイサービス(通所介護)とは

利用者の自立を支援する介護保険サービスの一つです。
利用者は施設に通い、食事や入浴、レクリエーション等を受けることができます。
送迎や口腔機能向上サービスのほかに、施設独自のサービスを設けているところもあるため、利用者と家族の方のそれぞれの希望にあった施設を選ぶことが重要です。
デイサービスは、利用者の自立を支援するとともに、レクリエーション等を通し人と接する機会が増え、孤独や不安等精神的負担も軽減されます。
また、利用者を支える家族の方の負担も軽減されます。
基本的には、日帰りのサービスです。

利用料

デイサービスを利用する場合、自己負担額は、本人の所得金額等に応じて決定します。
また、受けるサービスにより料金が違います。
食費やおむつ代等も別途負担があります。
そのため、契約する際にはよく確認することが必要です。

メリット

デイサービス最大のメリットとしては、やはり高齢者同士の交流の場であるという事です。
人と会って話す、出かける習慣がつく事で元気になり、生活リズムも整います。
昼食を誰かと一緒に食べる、というだけでも気持ち的に明るくなり、孤独感が解消されるでしょう。
リハビリを積極的に行えば、結果として反映されて元気にもなります。
自宅とのメリハリがついた活気ある毎日を過ごす事が出来て、デイ内で友達が出来るかもしれません。
自分の楽しみの場所となれば、家族側としても安心して見送る事が出来て双方にとって良い事です。しかし、人によってはそんなメリットがデメリットになってしまう場合も有ります。例えば、大勢でにぎやかに過ごす事が苦手なタイプであれば、施設によっては非常にストレスに感じるかもしれません。
また、自分の意志では無く、家族の意志で通っている場合は楽しめない人もいるでしょう。
人と人が絡む以上は、利用者同士でもめ事が起こる場合も有ったり、一回一回は良心的でも積み重なると痛い出費となり通う事が負担になる事も有ります。

自宅以外の居場所

高齢者にとってはぴったりと来る場所が見つかったら、自宅以外の自分の居場所がもう一つでき、それは、生活の質を向上させ生き甲斐と成り得る素晴らしい事なのです。
強いては、生き甲斐が最大の介護予防になるとおっしゃるお医者さんもいるぐらい、高齢化がどんどん進む日本において、デイサービスの需要は増える一方でしょう。
孤独死が増加する日本では、このような施設は希望の光でも有ります。
利用者本人が待っていても誰も何もしてくれない、自分で動かなければ、という気持ちに少しでもなれるように、高齢者全員にサポート体制が行き届く社会が求められるのでは無いでしょうか。