ホームヘルパー

helper

在宅介護の現状

介護を必要とする高齢者が施設やホームに入居できずに、自宅内で家族の介護を受けるという「在宅介護」の人口が増加してきています。それに伴って、在宅介護を行う家族の協力も必要になってきますが、その介護する側の人の多くは、自分の両親もしくは夫の両親であるという、奥さんである女性が行います。しかし、その介護する側の人にも多くの問題や悩みが出てきます。

介護が必要になるきっかけとして、脳梗塞や心筋梗塞などの突発的な病気が要因で急に体が不自由になってしまったため、ということが多くあります。そうなってしまった場合、周囲の人間としては「昨日までは自分で普通になんでも出来ていたのに…」という想いを抱えながら、介護をしなくてはならない状況をせまられてしまいます。そして、奥さんといえど、共働きである家庭も多いため、介護に関する知識や技術が何も無いなかで、自分の仕事と家事をしながら在宅介護を行わなくてはなりませんし、場合によっては遠方の実家に出向いて介護をしなくてはならないこともあります。そのような状況が続いてしまうと、身体的にも精神的にも非常にストレスが溜まり、それを発散する場所や時間も無いことから、介護疲れで悲しい事件を起こしてしまう場合もあります…。

介護サービスの有効活用

 そのような事件を減らすためには、地域の自治体や区役所で相談をして、在宅介護の負担を軽くするために、受けられる介護サービスをきちんと把握して有効的に活用する方法を知る必要があります。
 在宅介護を行う場合、「要支援・要介護度」の審査を受けて、その段階に応じてホームヘルパーが自宅に来て介護をしてくれる訪問介護や、施設に通って専門スタッフによる介護や食事・入浴などの介助を受ける通所介護(デイサービス)を受けることができます。また、それらのサービスを受けるための費用は、「要支援・要介護度」の介護認定を受けていれば介護保険の給付対象となり、1割の自己負担で利用することができますが、介護保険適用の在宅介護サービスは、要支援1・2、要介護1~5という介護度の違いにより、1カ月あたりに利用できる上限が決まっていて、上限を超えた場合は全額負担となるので注意が必要です。
 これらのサービスをきちんと理解して、在宅介護をする側もされる側も、最小限の負担で生活していけるよう、福祉サービスの告知をより実施していく必要があると感じます。