介護職員初任者研修

syokuinsyoninsya

概要

「介護職員初任者研修」は、以前の「ホームヘルパー1級」「ホームヘルパー2級」「介護職員基礎研修」を統合して誕生した資格であり、より多くの施設利用者や入居者などの高齢者の方々が、安心して介護を受けられるための人材となるスタートラインとしての資格となります。この「介護職員初任者研修」という資格に統合される以前までは、資格が細分化しすぎているためか、有資格者の人数があまり伸びないという課題もありました。しかし、現在はこの「介護職員初任者研修」を通して、基礎となる知識やスキルに加えて、それを実践するための考え方のプロセスを身につけて、現場においても基本的な介護業務を行うことができるような人材に成長することが出来ます。そして、現場においても「介護職員初任者研修」を取得している人員が強く望まれるようになり、これから介護職への転職を目指している方々にとっても非常に魅力的な資格であるといえるでしょう。

平均給与

介護職種は昔から「待遇面が悪い」「家庭があると家族を養えない」「キャリアアップできない」、などのイメージが色濃く残っています。実際問題として、介護士をしている方々の平均月収をみてみると約18~20万円と、一般企業で働く方々よりも低賃金となってしまっています。近年突入した高齢社会の対応策として、介護職の環境・待遇整備は急がれていますが、まだまだ間に合っていないということも現状として浮き彫りになっています。その中でも、「介護職員初任者研修」は介護職種を長く続けて生涯の仕事にしたいと考える人が多く修了する資格だと言えるでしょう。介護職種は、施設にとって待遇に大きな差が出てくることが多く、全くの未経験という方にとってこの「介護職員初任者研修」という資格は、少しでも良い職場を選ぶことが出来るようになる重要な資格です。なぜなら、やはり資格を持っていない介護職の方々よりも、「介護の仕事を続けて行く意思がある」と、採用側に感じていただきやすくなるからです。そのため、給与面においても無資格の方々よりわずかに多い、約20~23万円(初任給)で雇ってくれることが多く、さらには、経験を積めば積むほどそれに伴って給与アップに繋がりやすくなっています。また、最初は現場職員で入社したとしても、いずれはその施設を運営する側になるなどのキャリアアップに繋がることもできます。

資格取得難易度

 この資格取得希望者に対しての参加条件は特になく、科目は「職務の理解」「介護における尊厳の保持・自立支援」「介護の基本」「介護・福祉サービスの理解と医療の連携」「介護におけるコミュニケーション技術」「老化の理解」「認知症の理解」「障害の理解」「こころとからだのしくみと生活支援技術」「振り返り」に分かれており、全部で130時間の受講が必要となります。介護職員初任者研修は国家試験ではないため、最後に必須となっている修了試験も、決して難しいものではありません。そのため、公的機関として合格率を公表してはいませんが、ほぼ100%の合格率であり、しっかりと講義の内容を復習して自分の言葉で噛み砕くことができていれば何の心配もありません。つまり、この介護職員初任者研修にとって修了試験は、受験者をふるいにかけるためのものではなく、介護の仕事に従事するにあたっての基本や、忘れてはいけないことがちゃんと理解できているかの確認するための位置づけとなります。以前合った「ホームヘルパー2級」の資格と比較してしまうと確かに難易度は上がったともいえますが、研修内容をしっかりと身につけることができれば、職場に就いてから知識を基にすぐに活躍することができるでしょう。