全身性ガイドヘルパーについて

guidehelper
ガイドヘルパーとは、視覚、全身性、知的な障がいをもつことによって一人で安全に外出することが困難な方の外出を援助する移動介護従事者のことを指します。
外出を援助することは、障がいのある方に“生きがい”や“楽しみ”の時間を持ってもらうことができるだけでなく、在宅生活において本人の介護を担っている家族の負担を軽減することにもつながります。日常生活において障がい者本人が積極的な社会参加を果たす意味でも外出援助は重要なサービスであると言えるでしょう。

<ガイドヘルパーの種類とは>
ガイドヘルパーの資格には3つ種類があります。
・視覚障害者同行援護従業者養成研修
視覚障害があり行動上著しい困難を有する方が外出する際、本人に同行し必要な情報の提供、移動援護、排せつ、食事等の介護をはじめとし必要とする援助を行う資格
・全身性障害者ガイドヘルパー養成研修
先天的・後天的に身体のどこかに障害のあり行動上著しい困難を有する方が外出する際、移動援護、必要な介助を行う資格
・知的・精神障害者行動援護従業者養成研修
知的障害又は精神障害を持ち、常時介護を要する方が、行動する際に生じ得る危険を回避するために必要な援護を行い、移動中の介護などを行う資格

<全身性ガイドヘルパーとして働くためには>
全身性障がい者ガイドヘルパーは、障がい者総合支援法に基づく資格です。よって、全身性障がいをお持ちの方に対する外出援助を行う際はヘルパー等の介護職員であっても行えず、このガイドヘルパーの資格を取得していなければなりませんので注意が必要です。
各都道府県知事が行う研修または通信講座などでの研修を修了することでこの資格を取得することが可能ですが、全身性障害の方のガイドヘルパーは外出時の排泄などの介助も行うため、介護職員初任者研修(ヘルパー2級資格)や介護福祉士資格等、すでに介護の資格を保有していることが研修を受講する条件です。受講カリキュラムの詳細は以下に紹介します。
・ガイドヘルパーの制度と業務
・全身性障がい者の疾病
・障がいの理解
・障がい者(児)福祉の制度とサービス
・ホームヘルプサービスの概論
・ホームヘルパーの職業倫理
・障がい者(児)の心理
・移動介護の基礎知識
・基礎的な介護技術
・移動介護の方法

<全身性ガイドヘルパーの仕事と待遇>
全身性ガイドヘルパーは外出支援時に必要な介護全般が業務として加わることになります。
外出先には特別な制限が設けられていないので、医療機関への通院援助以外にも旅行や映画館、ショッピング等、利用者本人が希望する場所への移動をサポートすることが可能です。
また、外出に向けた更衣や荷物の準備、車いす等への移乗介助や公共交通機関を用いての移動など一連の動作の介助も業務に含まれます。
全身に障がいを持った方も好きな場所へ出かける喜びを感じてもらい、ガイドヘルパーが同行することで安心して社会参加できるよう援助することが大切ですね。
勤務先として多いのは、福祉施設や介護施設、障がい者施設や通所デイサービス施設等が挙げられます。
ガイドヘルパーの給与面に関してですが、一般的な介護職とあまり大きな差は無く、平均年収は300万円前後、パートタイマーの時給平均は1500円前後と言われています。しかし、ガイドヘルパー資格の中でも専門性が高い全身性ガイドヘルパーの場合、この平均より高くなる傾向があるようです。すでに介護福祉士資格等で施設に勤務している方の場合も、さらに研修を修了しなければ全身性障がいをお持ちの方に対する外出援助はできないので、今ある資格に加えて受講される方も多いようです。ガイドヘルパー資格を取得したことでさらに職務手当や資格手当、時給等がアップする職場もあるようですから需要があれば積極的に検討したいものですね。