転職先の選び方

kaigotensyoku

介護の転職のコツ

 転職市場の中で現在屈指の注目を集めている介護職種ですが、労働環境が悪い、労働条件が悪いといった評判も多く、また多くの人にとって実際に働いてみないことには内部のことが分かりにくい職種でもあることから、注目を浴びていることは分かっていても中々手を出し難い職種であることは想像に難くありません。
 実際に介護業界に身を置いている人にとっては、転職にあたり仕事内容は分かってもやはり内向きの仕事である面が強いことから、求人を選ぶにあたっては条件面で見比べることや人づての情報をあてにすることがほとんどで、いざ転職を考えても慎重になりすぎ思うように動けず、なんとか転職に踏み切り採用されたとしても思っていたものと違ったということが少なくないのではないでしょうか。
 今回は、そういった方々のために、介護職種における転職のコツや注意点についてお伝えしたいと思います。

知人などの情報を過度に信じない

 これから介護業界を志す人、既に介護業界にはいるものの別な介護事業所への転職を考えている人のどちらも介護業界での転職を考えたときに、知人から情報を集めてみるという人は少なくないかと思います。
 先述した通り、介護の仕事の多くは事業所内や訪問先など特定の場所で完結することが多く内向きの仕事になります。他事業所、様々な関連機関との連携が大切になる仕事でもありますが、他の事業所の労働環境や労働条件、働き方などについては知る機会が多いとは言えません。
 そうしますと、実際に働いている人やその人と仲が良い人から情報を集めることが手っ取り早く良い方法に思えます。
 介護業界で働く人からお話を聞きますと、そうやって就職した方が非常に多いこともそれを物語っています。
 しかし、そういった人々からお話を聞くと、それでも「失敗した」「聞いていた話と違った」という言葉は多いのが実情です。反対に「聞いていたよりも良かった」という声もありますが、これは少数と言えます。
 なぜこのようなことが起こるのか。答えは簡単です。
 実際に働いている人の多くは、自分が働いている環境や条件、はたまた会社のことを余り良くは言わないものだからです。
 恐らく多くの人は、自分の仕事について誇りややりがいを感じて働いていることは確かですが、それを正当に評価されていると感じている人や与えられた仕事のやり方に満足している人は少ないものです。
 そのため、仕事についてその様子などを訊くと、大抵の場合良くは言わないものなのです。
 良くない話を聞いた上で転職するのであれば、それより悪く感じることはないのではないかと考えるかもしれませんが、人というものはどちらかと言えば聞いた話を良く受け取る傾向が強く、良くない話を聞いたとしてもどこかそれでも今の状況よりはマシだろうといった感想を抱くものです。そうして、転職後に現実を体感し、「こんなはずでは」といった失意に沈むことになります。
 介護の仕事は、そもそも重労働であり、報道などに出るように決して条件面で良い仕事ではありません。そのため、他の仕事以上に適切な情報を得る必要のある仕事です。
 実際に働いているからというだけで、その情報を鵜呑みにしてしまうことは危険と言えます。

未来を考えられるだけ考える

 介護業界は現在転職市場の中でも注目度の高い仕事です。
 そして、これは転職市場のみならず、日本全体で見ても注目度の高さは相当なものになっています。
 介護業界を志している人や既に介護業界に身を置く人は知っていることかもしれませんが、現在日本全体として介護の仕事の労働条件の改善や労働環境の改善が叫ばれています。
 特に賃金面では国の主導で改善を図られておりますし、重労働の面では機械化など先端技術の導入も実施されております。
 日本では既に一般的な仕事として定着している仕事ではありますが、日本の介護は他国から見れば非常に優れた仕事と目されており、その仕事の在り方そのものを丸ごと輸出する動きも少なからず見られるようになってきました。
 つまり、介護業界はその需要や必要性の高さからより多くのところから未来を検討されている業界でもあります。
 そのため、介護業界において転職を考えるにあたっては、その会社がどれだけ未来について考えているかを重視することが、これからは必要になってくるかと思います。
 輸出や機械化など大規模なことは多くの事業所では難しいことかもしれませんが、少なくとも労働条件や労働環境の改善に関しては、規模を問わず進める必要性が指摘されている点であり、ここ数年の間にそれを行っているかどうかを知ることは、この先長く勤めていくことを考える上では非常に頼りになることだと思います。
 時代に合わせ、変化していくことができているかどうか。
 恐らくこれからの介護の転職市場で最も重視される点はここであり、この点が転職を考えるすべての人にとって転職を成功させるコツになるかと考えます。

 未だ労働環境や労働条件が厳しいと目されている介護業界ですが、多くの人にとって必ず迎えるだろう高齢期を支える仕事のやりがいは他の仕事では感じられないものであり、働く人の人生にとって良い経験になることは疑いようがありません。
 現在国が主導し改善が図られ、機械化など技術面でも改革のメスが入っている先端的な仕事という側面もあり、これまでの介護の仕事への考え方も大きな転換点を迎えているような印象があります。
 ここまでの文章が転職を考える一人でも多くの人のお役に立つことができれば光栄です。